だんじり祭りの旋風(かぜ)

令和2年6月7日 住吉大社太鼓台奉納報告祭

令和2年6月7日

住吉大社太鼓台奉納報告祭

動画サムネイル

 





 

 初詣では大阪で最も参拝客が訪れる住吉大社。

 

 この度は新たに太鼓台を譲り受けたそうで、その奉納報告祭が行われました。

 

 小型の布団太鼓ですが本格的な飾り付けがされた立派なものでした。

 

 強い日差しが照りつける中、朝から準備が行われ、午前11時から奉納報告祭が始まりました。

令和2年5月24日 地車搬入

令和2年5月24日

地車搬入特集

 新型コロナの影響で地車行事の延期・中止が相次ぐ中、泉州地域では2台の地車の修理が完成し帰町されました。

 

 本来であれば、入魂式・お披露目曳行がたくさん行われるハズの5月下旬。

 

 地車の搬入だけでも今は貴重な行事ですので、ここに掲載させて頂きます。

 

 入魂式等が行われていませんので修理完成後の地車の画像は無しとさせて頂きますが、貴重な地車行事の雰囲気を少しでも味わって頂ければ幸いです。

 

堺市鳳連合新在家地車搬入

入庫を待つ新在家地車小屋

 

搬入されて来た地車

 

令和元年度祭礼にて

 

野代と新在家

 

地車小屋にて

 

平成19年に行われた新調30周年記念曳行

 

 この度、井上工務店にて修復された新在家地車。
 昭和52年に新調、大工は古谷国夫、彫師は井尻翠雲。
 平成19年には新調30周年の記念曳行も行われ、平成25年にも井上工務店で修理されました。
 ほとんどがの町が下地車となった鳳連合で、変わらず上地車を曳行している新在家。
 昨年はハプニングもありましたが見事に復活を遂げて欲しいですね。

岸和田市春木中町地車搬入

入庫を待つ春木中町地車小屋

 

搬入されて来た地車

 


令和元年度祭礼にて

 


平成30年度餅つき大会にて

 

 この度、地車製作隆匠にて修理された春木中町。
 本来ならこの日、入魂式とお披露目曳行が行われるハズでしたが搬入のみで入魂式・お披露目曳行は延期の予定となっています。
 平成4年完全完成、大工は植山工務店、彫師は木下頼定。
 平成18年には植山工務店にて修復。
 今回、見違えるほどキレイになり生まれ変わった春木中町地車の入魂式とお披露目曳行の開催が待たれるところです。

 

いかがでしたでしょうか。

 新型コロナの曳行で地車行事の延期・中止が相次ぎ、2ヶ月振りのサイト本館更新となりました。

 

 緊急事態宣言も解除され、地車も搬入され、一歩ずつ地車行事の再開へ近づき初めています。

 

 岸和田だんじり祭りの開催の有無についてはまだわかりませんが、以前のような地車行事が再開出来る日を楽しみにして今は待ちましょう。

だんじりとは

だんじりとは、祭礼で曳かれる山車(だし)のことであり、主に関西圏で曳かれている山車を指す。

 

だんじりといえば、毎年9月に行われる大阪府岸和田市の岸和田だんじり祭りが有名ですが、実は岸和田以外の泉州地域だけでなく、大阪府下全域、兵庫県、奈良県、和歌山県の一部にも存在しています。

 

当サイトでは、岸和田のだんじりだけでなく、泉州地域を中心に大阪府下全域、兵庫県、奈良県、和歌山県のだんじりも動画にて紹介して行きます。

 

なお、すべての動画は、当サイト管理人kinmokuseiが撮影したものであり、YouTubeからも検索可能となっております。

 

YouTubeチャンネルはこちらから


掲示板 Twitter 行事予定 トップページ