だんじり祭りの旋風(かぜ)

新着動画コーナー1

平成31年3月17日守口市大枝修理入魂式

 

 先週の尼崎市南浜の入魂式に引き続き、あいにくの雨。
 予定されていた御披露目の町内曳行は中止となり、小屋での囃子披露だけとなってしまいました。
 ぜひとも今年の守口市だんじり祭りは晴れて欲しいものですね。

 

〜地車紹介〜

守口市大枝地車






 

製作年・大工等は不詳
平成20年に東大阪市近江堂(弥刀神社)より購入。(搬入は平成19年12月28日)
(近江堂は大正3年に現生野区小路東より購入)

 

平成20年元日に入魂式を行い同年7月5日に御披露目曳行を行った。
この度、大下工務店にて修復。

 

主な彫り物
大屋根懸魚:鳳凰
大屋根車板正面:宝珠を掴む青龍
三枚板:三面とも牡丹に唐獅子
土呂幕正面:青龍

新着動画コーナー2

平成31年3月10日尼崎市築地地区南浜大改修入魂式

 

 3週間ぶりのサイト記事の更新。
 2019年最初の入魂式はあいにくの雨となり、お披露目曳行も短縮。
 しかし本年は尼崎城の一般公開イベントや新天皇即位記念曳行なども行われ、これからが楽しみです。

 

〜地車紹介〜

尼崎市築地地区南浜地車









 

平成10年に堺市鳳連合上から購入。 

 

 住吉大佐分家の「西だんじり屋」こと、下川安次郎が中古の2台の地車を1台にした地車である。(不足の彫り物は新調)

 

 また、中古の地車は和泉市伯太の業者から購入した地車とされるが詳細は不明。

 

この度、関西地車製作事業協同組合により修復。

 

獅噛みは辰美工芸にて新調。

 

主な彫り物
大屋根車板:宝珠を掴む青龍
三枚板正面:今川義元の最後
三枚板右:豊臣秀吉の雄姿
三枚板左:加藤清正の雄姿

ピックアップコーナー1

平成31年2月17日泉州国際マラソン鳴り物応援
春木若松町・春木本町

ピックアップコーナー2

平成31年2月3日鶴見区今津比枝神社節分祭
地車囃子披露&豆まき

 

 今津比枝神社の節分祭では子供豆まき、境内に設置された櫓からの豆まきの他に、地車の屋根からの豆まきも行われています。

 

 昨年は修理の為、地車は出されませんでしたが、本年はあいにくの雨でしたが地車からの豆まきも行われていました。

 

 赤鬼・青鬼に扮して子供豆まきが行われた後、地車の上で赤鬼・青鬼が踊るのは節分祭ならではの光景です。

平成を振り返る

平成を振り返る

Twitterコンテンツの「平成を振り返る」

 

 平成も残すところあとわずかということで、平成初期からのだんじり祭りを振り返ります。

 

 泉州地域がメインとなりますが、平成中盤からは大阪市内や南河内なども登場するかもしません。

 

 まずは1〜10のツイートを集約しました。

 

画像をクリックしてページはジャンプ↓

だんじりとは

だんじりとは、祭礼で曳かれる山車(だし)のことであり、主に関西圏で曳かれている山車を指す。

 

だんじりといえば、毎年9月に行われる大阪府岸和田市の岸和田だんじり祭りが有名ですが、実は岸和田以外の泉州地域だけでなく、大阪府下全域、兵庫県、奈良県、和歌山県の一部にも存在しています。

 

当サイトでは、岸和田のだんじりだけでなく、泉州地域を中心に大阪府下全域、兵庫県、奈良県、和歌山県のだんじりも動画にて紹介して行きます。

 

なお、すべての動画は、当サイト管理人kinmokuseiが撮影したものであり、YouTubeからも検索可能となっております。
 


掲示板 Twitter 行事予定 トップページ