だんじり祭りの旋風(かぜ)

河内長野市三日市地区

喜多・上田・小塩地車写真館その1

 平成30年2月18日、河内長野市三日市地区の喜多、上田、小塩の3町の地車見学会が同日開催されました。
 この日も晴天に恵まれ、恰好のだんじり行事日和となりました。

 

 各地でだんじり行事が開催される中、3町の見学会にも多くの方が訪れていました。

 

 喜多は昨年(平成29年)、平成の大修復を行い、上田は平成26年に新調された、まだ新しい折衷型地車。
 小塩は天保期に制作された歴史ある地車で、それぞれに持ち味の違う3台の地車を当サイトも撮影させて頂きましたのでじっくり御覧ください。

 

まずは喜多町の地車からご覧下さい。

喜多町地車

喜多町地車

 

住吉型三枚板式地車

 

明治25年頃製作
大工:大佐十一代目 川崎仙之助
彫師:小松源助

 

昭和62年 昭和の大修理
大工:吉為工務店

 

平成29年平成の大修理 9月10日入魂式
大工:大下工務店
彫刻:辰美工芸、木下彫刻工芸
大屋根前後獅噛み、小屋根獅噛み、懸魚、
桁隠し、車板の龍頭、持送り、舞台腕木、
土呂幕、台木を新調

 

 

大屋根正面獅噛み

 

懸魚/素盞嗚尊 八岐大蛇退治

 

車板/宝珠を掴む青龍

 

正面虹梁/珠取り唐獅子

 

 

正面土呂幕/司馬温公の瓶割り

 

三枚板正面/楠木正成の出陣

 

三枚板左/楠木正行の勇姿

 

三枚板右/楠木正季の勇姿

 

角障子左/児島高徳、桜の木に詩を詠む

 

角障子右/後醍醐天皇

 

旗台/力神

 

大屋根後ろ獅噛み・小屋根獅噛み

 

小屋根懸魚/松に猿の群遊

 

持送り右/唐子遊び 獅子舞

 

持送り左/唐子遊び 奏楽


掲示板 Twitter 行事予定 トップページ