だんじり祭りの旋風(かぜ)

尼崎市丸嶋地車写真館

 

 

昭和57年製作
大工:池内工務店
彫刻:木下頼定
平成9年に堺市久世地区平井から購入

 

平成30年、大下工務店にて大修理
大修理時の彫師は辰美工芸
(獅噛み、懸魚、台木等を新調)
3月4日入魂式

大屋根


正面獅噛み

 

懸魚

柱巻/擬宝珠勾欄

柱巻き(左・右)/夫婦龍

 

擬宝珠勾欄

小屋根

小屋根獅噛み

 

小屋根懸魚/宝珠を掴む青龍

 

小屋根車板/宝珠を掴む青龍

三枚板

 

三枚板正面/鬼若丸の大鯉退治

 

三枚板右/美保谷四郎

 

三枚板左/平景清の錣曳き

台木

台木正面

 


台木後ろ

以前の獅噛み・懸魚


以前の獅噛み

 

以前の懸魚

いかがでしたでしょうか

いかがでしたでしょうか。

 獅噛み、懸魚、台木を新調した事で、大幅に印象が変わった丸嶋地車。
 堺市の平井で曳かれていた頃が懐かしく思えますが、この地車も新たな一歩を踏み出しました。
 新たに新調された彫物と既存の彫物もじっくりとご覧頂けたでしょうか。
 丸嶋の皆様、この度の大修理おめでとうございました。


掲示板 Twitter 行事予定 トップページ