2018年4月だんじり行事

4月1日 高石神社神輿大修理完成奉告祭特集

平成30年4月1日

高石神社神輿大修理完成奉告祭特集

 

 この度、高石市にある高石神社の神輿が大修理され、完成奉告祭として氏子9地区を渡御されました。
 午前8時過ぎに式典が行われ、9時頃神社を出発。氏子地区である紀州街道連合の地車が各自地区でお出迎え。
 神社境内に小屋がある4地区の地車は、南が小屋明けのみで北新町は鳴り物をして神輿を送り出し。元町は修理の為、地車は出さず、高磯も地車は出ていませんでした。
 桜も満開で晴天にも恵まれ、気持ちの良い気候の中、各地区交代で神輿を担ぎ、ノーエ節やだんじり囃子が氏子地区内に響き渡っていました。
 この記念すべき、高石神社神輿平成の大修理完成奉告祭をじっくり御覧ください。

 

神輿渡御&地車お出迎えの動画

北村地車と神輿(動画サムネイル)

 

神輿出発

午前8時頃から式典が行われ、9時頃神社を出発し氏子9地区を渡御されました。

 

北新町(五区)

小屋前にて鳴り物を披露し、神輿を送り出しました。

 

南(三区)

小屋は開けられていましたが鳴り物等はありませんでした。

 

高師浜(六区)

一番最初に六区内を渡御。神輿と並べ、鳴り物を披露しました。

 

小高石(一区)

三区、二区を渡御された後、泉大津市との境目あたりにある小高石地車小屋へ神輿が到着。
鳴り物でノーエ節を奏で、神輿を出迎えました。

 

匠(八区)

午後から四区、五区を渡御された後、午後2時前頃、八区に神輿が到着。
鳴り物はありませんでしたが、地車小屋は開けられ、小屋前を神輿が通過しました。

 


新村(九区)

自治会館前の公園にてお出迎え。公園内では神輿と並べ、お祓いをされていました。
神輿は新村地車小屋に入り、最後の渡御地区、七区へと向かいました。

 



北村(七区)

七区は最後の渡御地区ではあったが、北村地車は神輿出発前から地車を出され、鳴り物を披露していました。
終日地車を出され、時折小屋周辺を曳行し、神輿渡御終了後も小屋に入れる前に曳行されていました。

 

北村蔵入れ曳行の動画

 

 

神輿帰還

午後5時過ぎ、神輿は高石神社に帰還され、境内で最後の練りが行われていました。

 

いかがでしょうか。

 高石神社神輿大修理完成奉告祭は盛大に行われ、高石神社氏子地区にとっては特別な一日となりました。
 この度の神輿平成の大修理、おめでとうございました。

 

〜地車紹介〜

小高石地車








 

平成元年新調
大工:池内工務店
彫師:木下賢治、十場祐次郎、中山慶春
平成21年に大下工務店にて大修理。
 先代は花車で先々代が地車であり、地車としては30年ぶりの復活となった。
 高石市内の南海沿線の浜側から東羽衣を加えた地域は一〜十三の区に分けられており、小高石はその一区である。
 高石市内の南側に位置し、千代田4〜6丁目と綾園5丁目に当たる。地車小屋は泉大津市の北助松駅や、助松神社にほど近い場所にあります。

4月1日

平成30年4月1日堺市鳳連合浜寺元町 子供鳴り物体験会

 

 4月最初の日曜日、各地でだんじり行事が行われていましたが、私は高石神社神輿大修理完成奉告祭を中心に撮影。
 合間を縫って、堺市鳳連合浜寺元町の子供鳴り物体験会へ。
 来年には野代も下地車を新調し、鳳連合の折衷型上地車も新在家と浜寺元町だけになってしまうのが少し残念ですね。


掲示板 Twitter 行事予定 トップページ