令和元年鶴見緑地 天皇陛下即位記念地車パレード

鶴見緑地 令和天皇陛下即位記念地車パレード

令和元年9月22日

鶴見緑地

令和天皇陛下即位記念地車パレード

 





 

 令和天皇陛下の御即位を記念して、鶴見緑地にて記念の地車パレードが行われました。

 

 鶴見緑地は鶴見区と守口市に股がっているため、大阪地車連絡協議会と守口市地車連絡協議会とでの合同開催となり、大阪市内と守口市内の計12台の地車が参加されました。

 

 台風接近に伴い、天気は雨と予報されていましたが、パフォーマンスとパレード時は晴天に恵まれ、絶好のだんじり行事日和となりました。

 

動画サムネイル(入場編)

 

動画サムネイル(パフォーマンス編)

 

動画サムネイル(囃子披露編)

 

動画サムネイル(パレード&退場編)

 

参加町/保存会の紹介


生野区鶴橋

 昭和9年製作。大工は永田三次郎、彫師は彫清2代目柳原清三郎。
 桃谷にある弥栄神社の氏子地区だが、祭礼時には御幸森天神宮の氏子地区である、猪飼野、勝五とでパレードを行っている。
 今回は、パフォーマンス・パレードともにトップバッターを務めました。

 


守口市大枝

 明治8年製作。大工は不詳、彫師は長谷川亀蔵。
 平成20年に東大阪市近江堂(弥刀神社)より購入。
 本年度、大下工務店にて修復され、3月17日に入魂式が行われました。

 


生野区猪飼野

 明治20年製作。大工は永田熊次郎。平成27年に大下工務店にて大修理。
 宮入時には地車の担ぎ上げを行うが、今回もパフォーマンス時に担ぎ上げを披露しました。

 


守口市北寺方

 大正15年製作。大工は立石庄一郎。
 平成20年に和泉市黒鳥町上泉より購入。
 平成29年に泉谷工務店にて改修され、板勾欄出人形式だったものが擬宝珠勾欄となった。

 


東住吉区桑津

 明治元年に泉大津市の下之町にて新調。昭和8年購入。
 大工は木村孫兵衛、彫師は彫又二代目西岡又兵衛。
 平成6年に河合工務店にて修復。
 夏祭りが7月16、17日、秋祭りが10月16、17日。
 祭礼本宮には曳行しないが、祭礼日の事前に地車曳行日が設けられている。
 元日に宮入することも有名である。

 


守口市下嶋

 嘉永年間製作。大阪型地車で平成6年に河合工務店にて修復。
 八雲南と同じく八雲神社の氏子地区である。
 平成21年に行われた、第3回守口市だんじり祭りは下島町内の公園で開催されました。

 


城東区今福北之町

 平成21年新調。大工は河合工務店。彫師は御堂製作所。
 平成21年5月24日に入魂式が行われ、城東連合11台が集結する盛大な、お披露目曳行となりました。

 


守口市高瀬

 製作年不詳。(製作に関しては諸説あり)
 平成16年に植山工務店にて修復。
 地車曳行は高瀬神社の祭礼日である、7月22、23日と10月22、23日に行われている。
 女性が地車曳行を盛り上げ、ピンクの法被も特徴的である。

 


城東区今福西之町

 明治初期製作。大工は川崎仙之助、彫師は相野伊兵衛。
 城東区鴫野の夏祭り・秋祭りでは今福北之町とともに阪神容器前集合や鴫野駅前パレードに参加。
 鴫野と祭礼日は別である。

 


守口市南寺方

 平成28年新調。大工は泉谷工務店、彫師は木彫山本。
 細部にまで拘った豪華な地車で、気迫に溢れた獅噛みが特徴的。
 先代は鶴見区の元鶴見中之町の地車であったため、鶴見地車保存会と縁が深く、他市ではあるが一緒に曳行することも多い。

 


鶴見区鶴見(東之町)

 一つの保存会で2台の地車を所有。祭礼日には基本的に西之町の地車を曳行し、記念曳行などでは東之町、もしくは2台とも出されることもある。
 今回は東之町地車を曳行。明治26年製作?。大工は住吉大佐、彫師は小松一門。平成14年に植山工務店にて修復。
 元は中之町の地車もあり、大正末期に南寺方に売却されている。その関係上、南寺方とは縁が深く、南寺方現地車の新調祝賀曳行にも参加されました。

 


守口市八雲南

 江戸末期〜明治初期の間に製作。大工は不詳、彫師は彫又。
 平成25年に堺市陶器地区福田上から購入。以前は河内長野市三日市北部にて曳かれていた。
 購入の際に河合工務店にて大改修されました。

 

いかがでしたでしょうか

 時代は令和となり、初年度である本年は新元号の奉祝や新天皇即位を記念した地車行事が相次ぐ形となりました。

 

 鶴見緑地での地車パレードは平成2年に行われた国際花と緑の博覧会以来、30年ぶりだそうで(花博20周年の地車展示は除く)、平成から令和への移り変わりを象徴するような地車行事となりました。

 

 本行事ならではの貴重な組み合わせの地車パレード。令和の時代も地車曳行は盛大に行われることでしょう。


掲示板 Twitter 行事予定 トップページ